お家でご飯を食べる習慣をつけたい(お家ご飯はちょっとお休み中)

料理のモチベーションが下がったまま戻ってこないのでおうちごはんはお休み中。日々の出来事、外食、旅行の記録、不妊の悩みなどを綴ります。

正産期を迎えました。

本格的な不妊治療を2018年7月から始め、その1年後の昨年7月に顕微受精による胚移植で着床(妊娠)し、その後の経過も順調で、今週無事に37週の正産期(もう産まれても問題ない期間)を迎えました。

 

本格的な不妊治療とは、顕微受精のために専門のクリニックでの治療を開始してからのことで、妊娠自体は2015年から望んでいたので、不妊の期間は4年近くありました。

 

不妊治療をしてる人あるあるな気がしますが、子どもが望めない期間はとにかくいろんなネガティブな情報(初期流産、子宮外妊娠、不育症などなど..)に触れるため、胚移植で着床したからといって喜び意外にも不安は大きく、これだけお腹が大きくなった今でもやっぱり油断は禁物だと思っています。

実際に出産予定日を迎えて死産するケースや、早期剥離で母子ともに危険なケースがあったり、可能性はゼロではないので…我が家の不妊の原因がレアケースだった時点で、もうなにが起きてもおかしくないんだなと考えるようになってます。

とはいえ、心配しすぎてるというわけではなく、何か起きてもパニックにならないような気の持ちようは必要かなという程度なので、ノーテンキに毎日過ごしてはいます。

 

あと、産後の生活の予習として、子育て関係のYouTubeを見まくってます。

産後の大変な時に動画をアップしてる人が結構いるのすごいですね…助かります。

ほんと便利な時代になった。

 

里帰り出産もせず、特にどちらの親にも来てもらう予定はないですが、、まぁなるようにしかならんだろう。

予定日まであと半月強、コロナの影響で出産の面会などいろいろ制限もされてますが、無事に生まれてくるよう毎日お祈りする日々です。

 

花蓮・九份・台北に行ってきました。その5

2019.6の旅行の記録です。

その4のつづき

 

4日目最終日ですが、深夜のフライトで帰国予定なのでたっぷり時間があります。

何をするか決めていないうえに、お天気はあいにくの雨。

 

どうしようかしら…とりあえず中正記念堂でも行っとこう。

f:id:issyokunyukon:20191025224805j:image

いつ来ても敷地の広さと建物の大きさがすごいなーと思う。

晴れの日はとても気持ちいい公園だけど、雨だったので散策はちょっと大変でした。


f:id:issyokunyukon:20191025224823j:image

我々が台北に来ていたときは、ちょうど天安門事件から30年の日。

広場には戦車男を模した作品が展示してありました。

中国国内の最近の若者は天安門事件をまったく知らないと言われてますが、台湾では節目節目に追悼集会を行っているようです。

 

中正紀念堂に来たお目当ては、もちろん衛兵交代式。

朝一の時間なので、交代というより登庁式ですかね。


f:id:issyokunyukon:20191025224749j:image

目の前を陣取ったのでよく見える。


f:id:issyokunyukon:20191025224828j:image

うーん、何度見ても飽きないわ。

交代式は中正紀念堂以外にも、忠烈司、国父記念館でも見ることができます。

 

交代式が終わってさらっと建物の中を見たら、朝ごはんを食べに西門へ移動です。

晴れてたら全然歩く距離だけど、雨が強くなってきたので地下鉄を使いました。

 

お目当ては天天利美食坊の魯肉飯。
f:id:issyokunyukon:20191025224801j:image

ローカルなお店の雰囲気ですが、ガイドブックでも紹介される有名店で、観光客らしき人でかなり混雑してます。

我々はタイミングよくすぐに入れましたが、混んでいたのでさっと食べてさっと退店。

この小吃文化、個人的にはすごく相性が良くて好き。

 

さて、この日は1日適当に散策しようと思っていたのに、雨が降ってしまってどうしよう。

朝ごはんを食べた後、途方に暮れる2人。

 

とりあえず、観光の定番、龍山寺に行っとこうと、地下鉄で移動。

f:id:issyokunyukon:20191204223414j:image

これは駅付近のどっかにあった龍山寺のミニチュア。

龍山寺で簡単にお参りしたら、近くにある歴史保存的な地区とか郷土教育センターとかをぶらぶら散策して、お次は台湾国立博物館へ。

 

f:id:issyokunyukon:20200205185945j:image

とても立派な建物。

日本統治時代に作られていて、100年前のものだそう。


f:id:issyokunyukon:20191025224820j:image

中も綺麗な作りです。

展示の内容は台湾の歴史とか地理とか生物とか民族とか。

予想外に楽しめて、結構時間潰せてラッキー。

 

博物館の後は、ネットで見つけた紅茶屋さんでドリンク買って一休み。
f:id:issyokunyukon:20191216141953j:image

日本はタピオカブームですが、個人的にはお腹に溜まってしまうのが嫌であまりすすんでは飲みません。

でも、日本より台湾の方が美味しいとは思う。(もちろんお店は選んだ方がいいけど)

タピオカというか、お茶の美味しさが違う。

こういうドリンク文化が日本でももっと手軽になるといいなぁと思います。

日本は自販機文化が凄いから難しいとは思うけど…

 

あと、何故か台湾マックを体験したいという旦那に付き合って、台北地下街のマックで軽食。
f:id:issyokunyukon:20191025224757j:image

ドリンクがでかい。

このサイズでMですわ、コーラなんて飲みきれない。

パティの肉々しさと、ソースが少し甘めに感じなのが日本との微妙な違いかな。

ポテトの油はちょっと重いかも。

 

うーん、たいして歩いてないのに食べては飲んでの繰り返しでお腹ぱんぱん。

しかし、この日は本当にやることが思い付かななかったのでした。

あんまり予定詰め込みすぎると出不精の旦那は嫌がるかなぁと思ってたのが裏目に。

 

とりあえず雨が止まないので台北地下街ぶらぶらして、


f:id:issyokunyukon:20191025224817j:image
f:id:issyokunyukon:20191025224833j:image

綺麗目のレストランで夕飯を食べて、


f:id:issyokunyukon:20191025224808j:image

寧夏夜市ぶらぶらしてかき氷食べて、なんとか時間をつぶしてようやっと夜!

 

未明の飛行機に間に合うように桃園国際空港に移動して帰国したのでした。

 

お天気悪いときこそ何するか考えないと時間持て余しちゃうと学んだ旅行でした。

次回は時間があるなら台東に行きたいな。

2020年になりました。

あけましておめでとうございます。

 

7月に着床した子は順調に育ち、3月に出産を迎える予定です。

 

2020年は慌ただしい年になりそうですが、これまで通り旅行の記録を淡々とアップしていきたいと思います。

 

産後、体調も回復し、多少生活も落ち着いたら、1泊くらいの旅行はOKと夫婦協定を結びました。

 

もちろん子の様子次第でどうなるかは分かりませんが、妊娠してから飛行機は控えていたので、今からどこに行こうかと楽しみにしています。

 

本年もよろしくお願いします。

花蓮・九份・台北に行ってきました。その4

2019.6の旅行の記録です。

その3のつづき

 

3日目は、台湾初心者の夫をアテンドするため、台北散策と九份観光です。

 

まずは朝ごはんから。

 

f:id:issyokunyukon:20191025224553j:image

早朝散歩もかねて、ホテルから少し歩いてネットやガイドブックで評判のこちらのお店にきました。


f:id:issyokunyukon:20191025224534j:image

揚げパン?の中身は大根。

この組み合わせは珍しいけど、評判通りあっさり味で美味しい。

大根の臭みもなく食べやすいです。

 

ブラブラしながら、今日も変わらず暑いのですぐに休憩。
f:id:issyokunyukon:20191025224537j:image

スタバに入ってしまった…やっぱりサイズが日本より大きい。

いや、日本が小さいんだよね。

どこ行ったって食べ物飲み物は量が多くてびっくりする。


f:id:issyokunyukon:20191025224548j:image

ふらふらと永康街の方に来てたので、いつも行列ができてるこちらの蔥抓餅にもいきました。

朝早かったので全然人いなかった。


f:id:issyokunyukon:20191025224540j:image

昨日花蓮で食べた揚げ蔥餅と食べ比べ。

台北のは揚げずに鉄板で焼いてます。

んで、ここのはほんとにふわふわでいつ食べても美味しい。


f:id:issyokunyukon:20191025224502j:image

腹ごしらえも終わったし、引き続き市内観光へ。

せっかくの平日だったので総統府を見学することにしました。


f:id:issyokunyukon:20191025224522j:image

団体っぽい人たちが並んでます。

時間が来たら中に案内されて、人数確認と荷物チェック。

個人で見学の場合は、何人か集まってから総統府のツアーガイドさんの案内のもと見学が始まります。

日本人は日本語が話せるガイドさんがついてくれるので、日本人の参加者が集まるのをじっと待つことに。


f:id:issyokunyukon:20191025224505j:image

模型とかいろいろありました。

あの部屋には蔡英文がいるよ、とも教えてもらいました。

ガイドはいろんな人がいてかなり個性が出ます!

自分の興味と合う話をしてくれる人にあたったらすごく充実すると思います。

(私たちのガイドさんの話は、今やほとんど覚えていないくらいとっ散らかってた…)

 

お次は九份へ。

九份台北からはだいぶ離れてるので、バス、タクシー、電車+バスの3択で、どれも90分弱かかります。

 

個人的にはバス1本で行くのが乗り換えもないしコスパ的にも良いとは思うのですが、今回はのんびり鉄道もたのしみたかったので、電車+バスで行くことにしました。

 

まずは台北駅から台鉄に乗って瑞芳駅へ。

急行に乗ったので40分くらいで着きました。


f:id:issyokunyukon:20191025224551j:image

さて、瑞芳駅からは近くのバス停に移動して九份行きのバスに乗ります。

ネットの情報だと、瑞芳駅からバスへの乗り換えがハードル高いようなのもありますが、バスの行き先をよく確認しておけば全然心配ないと思います。

台北からくる九份行きのバスは既に満席で乗れない場合もありますが、それ以外のはだいたい空いてるんじゃなかろうか。

 

で、バスに乗って九份到着。

私は2回目なので、覚えてる道をさくさく歩きます。

 

f:id:issyokunyukon:20191025224515j:image

平日なのにやっぱり人多い。


f:id:issyokunyukon:20191025224543j:image

人が多くて街ブラは気乗りしないので、こちらのお茶屋さんでゆっくりすることに。

茶藝館はどこもそこそこのお値段で、普通に頼むとお茶っ葉だけで600元(2,000円)くらいするみたいですが、このお店はお茶+お茶菓子のセットで1人300元(1,000円)のがあったのでそれにしました。


f:id:issyokunyukon:20191025224531j:image

お茶の入れ方は最初にレクチャーされ、2杯目以降は自分でお湯を足していきます。

お茶っ葉は飲みきれないくらいありました。

余ったら持ち帰りできます。


f:id:issyokunyukon:20191025224511j:image

お茶菓子はどれも美味しい。

和菓子ともまた違う感じだけど、どこか懐かしい味。

緑豆のお菓子は油化街で買うのよりもあっさりしてました。

お茶がすすむ。


f:id:issyokunyukon:20191025224519j:image

このお店は海を見ながらのんびりお茶を楽しめます。

私が入ったときはそんなに混雑してなくて海側の席に座れましたが、山側の席になっちゃうとあんまり景色は楽しめないかも。

でも、まったりのんびりした空気が好きな人にはたまらんと思います。


f:id:issyokunyukon:20191025224525j:image

お茶でお腹タプタプになった後は、九份の路地をお散歩。

ガイドブックなどで紹介されてるエリアを外れると、途端に人が少なくなって静かな田舎町の風景になります。

高台なので、景色は最高に良い。

 

ほんとは夕暮れの時間までいようかと思ってたのですが、旦那も私も疲れてしまったので、早々に台北に戻り、
f:id:issyokunyukon:20191025224527j:image

中山にあるお店で餅を食べ、


f:id:issyokunyukon:20191025224606j:image

臨江街夜市で小籠包を食べ、


f:id:issyokunyukon:20191025224557j:image

散策しながら台北101のライトアップを見てホテルに戻りました。

 

お腹は既にはちきれていますが、明日も食べる気満々です。

 

その5へつづく

花蓮・九份・台北に行ってきました。その3

2019.6の旅行の記録です。

その2のつづき

 

タロコから花蓮駅までバスで戻ってきました。

お昼は少し過ぎてるので、散策しながら腹ごしらえを。

 

f:id:issyokunyukon:20191025222918j:image

まずはこちらで喉を潤す。

f:id:issyokunyukon:20191025222900j:image

カットスイカとスイカジュース。

2つで350円くらいです。

さすがフルーツ安いなぁ。

味も甘くてとっても美味しい。

 

次は小籠包が評判のお店へ。

花蓮の小籠包は一般的なイメージのものとは違って、小ぶりの肉まんみたいだってことで、食べてみたくなりました。


f:id:issyokunyukon:20191025222925j:image

小籠包と魯肉飯。


f:id:issyokunyukon:20191025222904j:image

蒸し餃子と酸辣麺みたいなのも頼みました。

おう、熱々で美味しい。

全部で600円くらいかな?

小籠包なんて1こ5元、15円くらい。

安いですね。

 

お腹も膨れたので、散策再開。


f:id:issyokunyukon:20191025222928j:image

こちらは昔の台鉄の線路跡を整備した観光スポットみたいなとこ。

花蓮駅は、今の花蓮駅よりももう少し海側にあったようで、今の花蓮駅が新駅として整備されてから廃線になったそうです。

 

あー暑い。

台湾は暑い。
f:id:issyokunyukon:20191025222908j:image

甘いものを食べないとやってられない。


f:id:issyokunyukon:20191025222911j:image

てわけで仙草のミルクかき氷をいただきます。

お腹いっぱいだけど美味しい。

台湾は優しい甘さなのが私の好みドンピシャです。

台北と違って人が多くないのがいいなぁ。

 

f:id:issyokunyukon:20191025223320j:image

お腹が膨れてちょっと苦しいけど街並み見るのが楽しいので頑張って歩きます。


f:id:issyokunyukon:20191025223309j:image

ここは花蓮で一番有名な東大門夜市です。

時間が早いのでどのお店も開いてません。

ほんとはここで食べたいものがあったのですが、帰りの時間的に難しかったので寄るだけ寄ってみました。

(この日の夜、この夜市で大規模な火災があったみたいで、台北戻った後にテレビのニュースでもすごく取り上げられてました。びっくりしました。)

 

さて、次もまた、小吃。

お腹減ってないが、花蓮でしか食べられないものがある限り頑張る。


f:id:issyokunyukon:20191025223315j:image

人がたくさん並んでいるこちらで葱油餅をいただきます。


f:id:issyokunyukon:20191025223302j:image

とてもラフな格好のお店の方。

このゆるさが良い。

 

ここのお店の注文システムがよくわかってなくてとりあえずぼーっと並んでたら、頼りなさげなリーベンレン3人に高校生くらいの2人組の女の子が話しかけてきて、こっちでオーダーしてここに並んで受け取るんだよ(意訳)みたいなことを一生懸命教えてくれました。

中国語が通じないから、ジェスチャーとかでめげずに教えてくれた…優しい、可愛い。


f:id:issyokunyukon:20191025223312j:image

注文後、30分くらい待ってやっとありつけました。

熱々で火傷する〜でも好吃。

台北だと焼いてる葱餅のお店が有名だけど、花蓮のは揚げていて、この中には卵も入ってます。

彼女たちがいなければありつけなかったな。

ありがとう。謝謝。

 

もうだいぶ歩いたしお腹もいっぱいでクタクタ…すずしいカフェに入ってしばらく休憩しました。
f:id:issyokunyukon:20191025223306j:image

このカフェオレめちゃ美味しかった。

おしゃれカフェで落ち着いた雰囲気。

 

 

飛行機の時間が近づいてきたので、花蓮駅に戻ってタクシーで花蓮空港へ。

(タクシーのおっちゃんたちが全然言葉通じなかった。スマホは字が小さくて見えないっていうし…でもジーチョウ機場=空港が通じた時はものすごく盛り上がった。)

 

f:id:issyokunyukon:20191025223324j:image

花蓮空港は小さな空港ですが建物はおしゃれな感じです。

搭乗したのはユニー航空の小さなプロペラ機。

あっという間に台北松山空港に着いて、その後同行者とお別れし、ホテルにチェックインして就寝しました。

 

その4へつづ

花蓮・九份・台北に行ってきました。その2

2019.6の旅行の記録です。

その1のつづき

 

花蓮のホテルは駅から歩いて2分ほどのところ。

花蓮の繁華街からは少し離れてますが、朝からバスでタロコに行くつもりだったので、駅近を選択しました。

f:id:issyokunyukon:20191021152314j:image

ロビーには人懐っこい犬がいるさいこーのホテルです。

撫でさせていただき至福でございます。

 

朝は8時前にはホテルを出発。

タロコ方面のバスは1時間に1本くらいしか出ていません。

f:id:issyokunyukon:20191024204539j:image

帰りも遅くまではないので、日帰りで観光するなら朝は早めに出発が吉のようです。

(ちなみに、写真のような日本語のパンフレットはあちこち置いてあります。)


f:id:issyokunyukon:20191021152300j:image

こちらが花蓮の台鉄駅。

右側のオレンジのバスが停まっているところから、タロコ方面のバスが出ています。

目の前にバス案内所もあるので、そこの窓口でタロコの一日乗車券を購入しました。

 

f:id:issyokunyukon:20191024204352j:image

タロコの観光ルートはこんな感じ。

バスの降車ポイントがいくつかあって、降りたとこから30分散策したり2〜3時間トレッキングしたりで自然を楽しむ感じです。

手持ちのパンフには15コース書いてありましたが、そんなにまわってられないので、3箇所ほどに絞りました。


まずは燕子口遊歩道へ。

燕子口のバス停で降りるとすぐにこんな絶景が。
f:id:issyokunyukon:20191021152308j:image

好き。

この感じめちゃ好き。

いくらでも歩けちゃうやつ。


f:id:issyokunyukon:20191021152245j:image

道は狭いですが、歩くスペースはちゃんとあります。

路線バス利用者はこの横の道をてくてく歩いて観光ポイントに向かいます。

 

f:id:issyokunyukon:20191024212450j:image

岩場にはたくさんの穴が空いてます。

燕子口という名前は、穴に燕が巣を作ると言われていたことから名付けられたそうです。

(実際には巣を作れるような穴ではなく、餌場的に燕が多く飛び交うだけらしい。)


f:id:issyokunyukon:20191021152311j:image

この渓谷の景色たまらん。

 

一通り散策したら、もとのバス停に戻って次の場所へ。

f:id:issyokunyukon:20191024205705j:image

バスの時刻表に合わせた行動をしないといろんな箇所をまわれないのでそこはちょっと大変かも。

 

お次は太魯閣ビジターセンターにきました。
タロコの自然や博物館的な展示があり、レストランやお土産屋もあります。

 

f:id:issyokunyukon:20191022091338j:image

冷房が効いてて極楽…

 

f:id:issyokunyukon:20191024213428j:image
f:id:issyokunyukon:20191022091352j:image

こんな感じでタロコのコースの案内展示があったり、


f:id:issyokunyukon:20191022091350j:image

タロコがある台湾東部の紹介や、


f:id:issyokunyukon:20191022091358j:image

台湾の植物などの展示など、無料にしてはかなり盛り沢山でした。

 

涼しいところで体力も回復してきたので、お次の散策へ。
f:id:issyokunyukon:20191022091341j:image

太魯閣ビジターセンターからも徒歩圏内の散策コースへ向かいます。


f:id:issyokunyukon:20191022091347j:image

この道がねー、いくつかの団体客とバッティングしたせいでまー進みが遅いのなんの。

道も狭いので、仕方なくゆっくりと歩くことに。


f:id:issyokunyukon:20191022091344j:image

人混みも少なくなったころにまたまた素敵な景色。


f:id:issyokunyukon:20191022091404j:image

で、ようやく到着したのがこちらの砂卡礑遊歩道の入り口。

赤い橋が入り口の目印です。


f:id:issyokunyukon:20191022091407j:image

4㎞ほどの遊歩道を往復します。

 

f:id:issyokunyukon:20191025184843j:image

道はだいたい整備されていて歩き易い。


f:id:issyokunyukon:20191022091401j:image

はー癒される。


f:id:issyokunyukon:20191022091335j:image

素敵なブルーですよ。


f:id:issyokunyukon:20191022091329j:image

この三間屋が終点、折り返しの目印です。

 

暑さのおかげで予定よりもだいぶ巻いていて、この時点で12時くらい。

ちょっと体力的にも厳しかったので、このあとタロコビジターセンターに戻り、花蓮行きのバスに乗ってしまうのでした。

 

その3へつづく

issyokunyukon.hatenablog.com

花蓮・九份・台北に行ってきました。その1

2019.6の旅行の記録です。

5度目の台湾旅行はなんと旦那が一緒に行くという珍しい展開。

(基本出不精、家でゲームが一番、海外なんて絶対に行かないタイプで、でも毎回私が旅行計画する度に一応誘ってはいるのですが断られるの繰り返しで、今回は「行こうかな」と言われてびっくり)

 

個人的には、台湾の東側にある「太魯閣(タロコ)渓谷」にどうしても行きたかったので、そこは旅程に入れることを了解してもらい、それ以外は初心者でも楽しめるコースを選びました。

※ちなみに、初日〜タロコまではいつもの旅行仲間1名も参加。現地集合現地解散です。

 

タロコ渓谷とは、正確には太魯閣(タロコ)国家公園といい、東京23区よりも大きい広さの台湾随一の景勝地です。

(公式サイトはこちら→https://www.taroko.gov.tw/ja)

面積はめちゃめちゃ広いけど、観光するところはある程度決まっていて、ポイントポイントを路線バスを乗り降りして見て回るような感じです。

ネットの評判では世界遺産級という声もあるくらいですが、台湾は国家とは認められていないため、ユネスコ的な何かに登録されることはないのですが、写真で見るととっても絶景で素敵な感じなので、アクセス悪いけどいつかは行きたいと思っていたところでした。

というか、台湾島の東側はいつかちゃんと行きたい。米食いたい。

 

 

さて、はじまりはいつもお世話になっている成田空港第三ターミナルから。

 

f:id:issyokunyukon:20191019163342j:image

チェジュ航空がうつってるけど、毎度のバニラエアで桃園国際空港へゴーです。


f:id:issyokunyukon:20191019163355j:image

暗いけどいつものTAIWANがお出迎え。

両替をして、旦那の悠遊カードを買ったら桃園空港MRTで台北に移動しました。

この時、多分17時くらい。

今日はこのまま花蓮に行ってお泊まりというスケジュールです。

とりあえず、台北駅で事前にネット予約していた特急券を発行し、

f:id:issyokunyukon:20191021144850j:image

(この切符をどこで貰えばいいか分からなくて結構時間かかりました。結局券売機で発行できたんだったかな??)

 

地下鉄に乗って、鼎泰豊の本店へ。
f:id:issyokunyukon:20191019163326j:image

並ぶの覚悟できましたが、40分待ちでした。

うーん、まぁギリギリ行けるかな?

 

待ってる間は永康街をふらふら。

雑貨屋さんをみたり、


f:id:issyokunyukon:20191019163323j:image

鼎泰豊の隣のshareteaでミルクティーを飲んだり。

このお店は確か香港で初見してお仲間が気に入ったところ。

日本にはまだ未出店だった気がします。

 

鼎泰豊の方は19時前くらいに順番がきて店内へ。

電車の時間は2005だけど、果たして間に合うか…?

 

鼎泰豊は旦那のリクエストの小籠包目当てできましたん。

いきなりローカルな店より、観光客向けの小綺麗なところから慣らしていく作戦。

 

f:id:issyokunyukon:20191021150052j:image

注文内容はこんな感じ。

鼎泰豊は待ち時間長いですが、並んでる間にオーダーを済ませるので、席に着いたらお茶を飲みながら料理が来るのを待つだけです。


f:id:issyokunyukon:20191019163329j:image

この茄子の醤油煮がお気に入りになりました。

もちろん他の料理も美味しい。

現地価格からすると値段は高めですが、外れがないしお店も綺麗だから満足します。

 

さて、食べ終わったのが1930過ぎで、ここからMRTの駅に行って地下鉄で台北駅に戻り、台鉄の2005の特急に乗ります。

え、間に合うのか??

地下鉄の待ち時間が長かったらアウトかも…てことでお店出たらすぐにタクシーに乗ってしまいました。

 

f:id:issyokunyukon:20191021150908j:image

距離的にはこんな感じ。

遠回りになっているのは一通のせいです。

 

で、結局、余裕を持って15分前には台北駅に到着。


f:id:issyokunyukon:20191019163337j:image

タクシーの運ちゃんがなかなかにとばしてくれましたので…良かった。

 


f:id:issyokunyukon:20191019163333j:image

私たちが乗った特急は自強号という、台湾の東海岸沿いを走るメジャーな特急。

同じ路線を走る特急プユマ号は、昨年脱線事故があったものです。

この2つの特急は実はとても人気があって予約が取りにくい電車で、我々も行きはなんとかとれたのですが実は帰りは全滅。。

なので、帰りはなんと国内線の飛行機で台北に戻ることになっております。

なんとも贅沢な移動になってしまいました。

 

花連には時間通り2215に到着。

予約したホテルにチェックインし、翌日のタロコ観光に備えてゆっくり休みます。

 

その2へつづく

issyokunyukon.hatenablog.com