お家でご飯を食べる習慣をつけたい(お家ご飯はちょっとお休み中)

料理のモチベーションが下がったまま戻ってこないのでおうちごはんはお休み中。日々の出来事、外食、旅行の記録、不妊の悩みなどを綴ります。

【旅行】ウズベキスタンに行ってきました。その4

2018.9の旅行の記録です。

その3のつづき

 

バスに乗って向かったのは、ウルグベク天文台

 

f:id:issyokunyukon:20190623150832j:image

1420年頃に天体観測を行なっていて、1年間を365日と計測した記録があるとかなんとか。

ガリレオより200年も前で、もうそんなことわかってたの?

すごいね。

 

f:id:issyokunyukon:20190623164045j:image

これが天体の高さを計測していた遺跡。

外見は多分再建したものだと思いますが…

 

f:id:issyokunyukon:20190623164117j:image

中にあるこの地下部分は当時のままのようです。

残ってる遺跡これだけなので、ちょっと見所は少ないかな…。

あとは、小さな博物館があります。

 


f:id:issyokunyukon:20190623164210j:image

f:id:issyokunyukon:20190623164208j:image

展示品は多くはないですが、英語の表記もあるので見応えはあり。


f:id:issyokunyukon:20190623150848j:image

この人がウルグベクらしい。

景色がいいのでのんびりしたいところですが、いかんせん暑い。

遮るものが何もない。

照りつける太陽。

 

暑さに負けて、滞在時間わずか30分ほどで退散です。


f:id:issyokunyukon:20190623150911j:image

天文台を後にするときに見かけた、サマルカンドナンを持つお姉様に囲まれている男性。

シチュエーションが謎すぎる。

 

お昼の場所を探してたら、道すがらとってもローカルなサモサ屋さんを見つけたので入ってみることに。
f:id:issyokunyukon:20190623150929j:image

店は広くてしっかりしてるけどお客さんはおらず。

電気は自然光のみ。

蝿ははめっちゃ飛んでるし、清潔とは言えず、若干の不安が…

 

f:id:issyokunyukon:20190623164242j:image

メニューはウズベク語オンリーです。

ちょっとビビりつつも、ネットの翻訳機能を駆使して注文。

(↑なんとしても羊肉を避けねばならないため必死。初日の失敗はしないわ…!)


f:id:issyokunyukon:20190623150908j:image

焼きたてのサモサが来ました。

衛生面云々は置いておいて、お味はとっても美味しい!

みんなペロリと平らげましたわ。

お店の人も、きっとへんな外国人きたと思っただろうに、言葉が通じない中で優しく対応してくれました。

ごちそうさまでした。

 

お腹も膨れたので、炎天下の中、次の目的地までてくてく歩く。


f:id:issyokunyukon:20190623150924j:image

道路はほんと綺麗に整備されています。


f:id:issyokunyukon:20190623150845j:image

川も綺麗な眺め…


f:id:issyokunyukon:20190623150841j:image

と思ったら、なんかびっくりするくらいゴミが流れてました。

上流で何があったのでしょう。


f:id:issyokunyukon:20190623150914j:image

うーむ、この写真を見るとあの暑さが蘇る…

 

f:id:issyokunyukon:20190702214821j:image

で、到着したのはこちらのダニエル廟。

旧約聖書預言者ダニエルが眠るお墓です。

18mの長い棺桶が有名ですが、それよりもキリスト教徒、イスラム教教徒、ユダヤ人の3者が祈りを捧げる場所っていうのがすごい。


f:id:issyokunyukon:20190623150829j:image

静かにお祈りする人、声を出して唱える人が数名いたくらいで、レギスタン広場のような観光地然とした感じはありませんでした。


f:id:issyokunyukon:20190623150838j:image

小高いところにあるので景色が良い。

ほんと、絵みたいな青空。

 

日陰もあるし風も吹くここで少し休憩をして後にします。

f:id:issyokunyukon:20190623150905j:image

帰りにはすっかりきれいになっていた川。

いったいなんだったんだろう。

 

その5へつづく