お家でご飯を食べる習慣をつけたい(お家ご飯はちょっとお休み中)

料理のモチベーションが下がったまま戻ってこないのでおうちごはんはお休み中。日々の出来事、外食、旅行の記録、不妊の悩みなどを綴ります。

不妊治療の通院頻度はハイペースかつ予測不能

旦那の手術が無事終わり、次はわたしのターン。

先月下旬から採卵目指して通院中です。

 

この通院がなかなかエグくて、働きながらの不妊治療は本当に大変な事なんだなぁと実感中。

先人たちすごいぜ…。

 

通院日は私の排卵時期やホルモン値に合わせて決まります。

この排卵時期というのをピンポイントで予測することができず、採血検査と内診でこまめに数値を確認しないといけません。

検査結果を見て「じゃあ次は3日後ね」「明日もう一回採血しよう」と主治医に言われたら、次回予約がそれで決まります。

つまり、あらかじめ仕事の休みをとっておくことはほぼ無理。

仕事もプライベートも、予定なんて立てられません。

最悪、当日職場に休みの連絡をしないといけないことも…。

 

まぁ排卵日を逃しては全てパーですから、仕方ないっちゃ仕方ない。

内臓には平日も休日も関係ないですから。

 

でも、働きながらは相当キツイ!

もちろん事前に、通院回数とか時期とか投薬スケジュールとか口頭で説明はあります。

でもまだ治療の前ですから、「ほほぉこりゃ大変だ」とは思うのですが、「まぁ難しければ相談して調整できるでしょ」と、ほかの医療と同じイメージで考えているとこもあり、あんまり真剣には捉えてませんでした。

こればっかりは体験しないとわからないことかも…。

 

ちなみにわたしの採卵のスケジュールはこんな感じ↓

2/23(土)通院・1時間半

月経開始予定日1週間前に採血と今後のスケジュール確認

2/28(木)電話予約

生理がきたので生理3日目に予約。

3/2(土)通院★2時間

生理3日目。採血、内診、自己注射のレクチャー。

3/8(金)通院★4時間

採血、内診、内視鏡検査、卵管造影検査。

3/10(日)通院★1時間

内診、採血、注射2本。

3/11(月)通院★3時間半

内診、採血、注射1本。

3/13(水)通院予定★

採卵日確定。採れるといいなぁ。

 

★が突然入ってきた通院です。

日時は選べず、「ちょっと仕事の都合が…」なんて言える雰囲気ではありません。

そもそも自分の身体の状態をもとに決めてるスケジュールですから、主治医もどうしようもできない。

 

さらに悲しいことに、ここまでやってかならず受精可能な卵を採卵できるとは限らないのです!

卵が思ったより育たず採卵ができなかったり、採卵できても受精できる状態の卵じゃなかったり、これはもう蓋を開けないとわからないことで、お祈りするしかないんですよねぇ。

ダメだったときの精神的なダメージが大きすぎる…!

 

悲壮感漂うブログが多いのもわかります、、

と言っても、私自身は割とあっけらかんと治療に挑んでます。

できないものはしょーがない。

じぶんの身体のことだし誰のせいでもない。

医者は神様じゃない。

むしろ原因がはっきりして治療方法も明確になってる時点で恵まれてる。

 

てわけで、こんなシビアな治療中に旅行など計画できるはずもなく…

と思ってたら、なんとたまたまちょーど良く5月は治療をお休みにできることになったのです。

ゴールデンウイーク10連休に予定を入れられる!

どこか行こうかな〜と考え中なのでした。

(航空券が高すぎて撃沈してます…すごい金額)

 

 

【旅行】重慶・成都に行ってきました。その3

2018.11の旅行の記録です。

その2のつづきです。

 

重慶を出発して2時間弱で成都東駅に到着しました。

f:id:issyokunyukon:20190120121453j:image

ここも広くて綺麗な駅。

ホテル近くの駅まで地下鉄で移動します。


f:id:issyokunyukon:20190120121443j:image

成都も地下鉄の新設がバンバン進んでいて、ガイドブックやネットの情報はあまりあてになりません。


f:id:issyokunyukon:20190120121342j:image

地上に出たら真っ暗でした。

重慶より道路が広い気がするが、真っ暗でよくわからぬ。


f:id:issyokunyukon:20190120121459j:image

23時近かったので飲食店以外のお店はもう閉店してました。

外から見える店内はパンダだらけです。


f:id:issyokunyukon:20190120121447j:image

コンビニもパンダグッズコーナー有り。

 

ここで友人夫婦と合流し、宿にチェックインして就寝しました。

 

翌日は朝7時に出発。

パンダは朝一でみた方が良いという前情報に従い、開園すぐを狙って行きました。

 

地下鉄で「熊猫大道駅」まで行き、そこからバスでパンダ基地に向かいます。

ネットで調べると、宿泊場所からタクシーで直接行く人も多いみたい。

まぁたしかにその方が楽かも。

 

熊猫大道駅に着いたら、すでにパンダのお出迎えが。
f:id:issyokunyukon:20190120121418j:image

通路にパンダ


f:id:issyokunyukon:20190120121517j:image

さりげなくパンダ


f:id:issyokunyukon:20190120121431j:image

広告もパンダ

 

駅の案内に従って地上に出たら、パンダバスが路上に停まっていました。

f:id:issyokunyukon:20190202164130j:image

 

が、乗り方がわからない…むむ。

ここでも客引きっぽい人がチャイ語で話しかけてくるけど、何言ってるか分からないのでとりあえず無視。

バスと入園料が一緒になったチケットがあるって知ってますから!グーグル先生に教えてもらいましたから!

うーん、でもそのチケットはどこで買えるの?

 

f:id:issyokunyukon:20190202163837j:image

多分この駅前にある建物で購入するんだと思うんだけど、中にはだーれもいないのですよ。

まさかおやすみ…?と心配になっていたら、ちょうど7:30にお店の人と思しき人が自動ドアの鍵を開けて入って行きました。

と同時に開店。

えぇー、開店準備とかないんかい。

 

我々も他の人に続いて中に入り、お店にあった料金ポップを指差しながらチケット購入。

しかしホント、現金使ってる人いないなぁ。

みんなウェイボーかウィーチャットペイ使ってる。


f:id:issyokunyukon:20190120121324j:image

バスの中もパンダ。

このバスで10分くらい揺られたら到着です。


f:id:issyokunyukon:20190120121351j:image

やっと着いたー!

今回の旅のメイン!!


f:id:issyokunyukon:20190120121450j:image

園内マップはこちら。

まぁ、とにかく広いようですな。


f:id:issyokunyukon:20190120121434j:image

園内を周遊するカートもありますが、


f:id:issyokunyukon:20190120121345j:image

乗るためにはこの行列に並ばなければならないという…いや、歩くわ。


f:id:issyokunyukon:20190120121357j:image

綺麗に整備されてるので歩きやすいですよ。

どころどころ道案内の看板もあるので、道に迷うこともないです。

 

しばらく歩いたら第一パンダ発見!
f:id:issyokunyukon:20190120121502j:image

ふぉぉーーー…!!

パンダや…


f:id:issyokunyukon:20190120121335j:image

複数のパンダがじゃれ合っている…尊い…。

めっちゃ可愛い。


f:id:issyokunyukon:20190120121403j:image

みんな愛らしいパンダに夢中です。

パンダがいるところにはこの人だかりが必ずあるのでわかりやすい。


f:id:issyokunyukon:20190120121406j:image

木の上でのんびりするパンダが多かったなぁ。


f:id:issyokunyukon:20190120121332j:image

食事してる子もいました。

パンダは午前中に活動して、お腹いっぱいになったらあとはゴロゴロするだけのようなので、動くパンダを見たければ朝一がオススメなんだそうです。


f:id:issyokunyukon:20190120121339j:image

遊んでるパンダは結構いました。


f:id:issyokunyukon:20190120121320j:image

ちっこいのも。かんわいいんだこれが。

 

園内にはお土産屋さんがありますが、パンダグッズオンリー。
f:id:issyokunyukon:20190120121428j:image

ぬいぐるみ、文房具、衣類、生活雑貨などなど、ひたすらパンダ。

もちろん観光地価格。


f:id:issyokunyukon:20190120121312j:image

でっかいパンダがうろうろしてたり、


f:id:issyokunyukon:20190120121354j:image

ご飯食べてたり、


f:id:issyokunyukon:20190120121413j:image

寝てたり。

可愛い…可愛いよう…


f:id:issyokunyukon:20190120121409j:image

園内の電光掲示板にはなんと日本語の注意が。

日本人観光客はほとんど見かけなかったけどなぁ…。


f:id:issyokunyukon:20190120121329j:image

この無意味な動きがたまらなく可愛い。


f:id:issyokunyukon:20190120121441j:image

むっしゃむっしゃご飯中。


f:id:issyokunyukon:20190120121505j:image

ゴローンとするだけで黄色い声援が湧きます。


f:id:issyokunyukon:20190120121308j:image

この子がこの日一番機敏に動いた子。

突然走り出したので歓声があがるあがる。


f:id:issyokunyukon:20190120121315j:image

ジャイアントパンダのほかにレッサーパンダもいた。

ぬいぐるみ感がすごかった。

これはこれで良し。


f:id:issyokunyukon:20190120121327j:image

始終人がたくさんいましたが、敷地が広いので身動きが取れないなんてことはありません。

 

結局、パンダが集中していたエリアを4周くらいして、満足して帰りました。

残念ながら小さいパンダがたくさんわちゃわちゃしている様子は見れなかったので、もう一度季節を考えて見に来たいと思います。

 

いやーパンダ良かった。

このためだけに成都にきても十分満足できます!おすすめ!!

 

その4につづく。

issyokunyukon.hatenablog.com

 

インフルエンザと不妊治療

先週の木曜日から体調を崩し、内科に行ったらインフルA型と判明。

人生ではじめてのインフルエンザ診断をいただきました。

 

おかげで土日含めて5日ほど引きこもり生活だったのですが、このタイミングが悪くて、無精子症と判明した旦那のTESE(精巣内精子採取術)を行う日と丸かぶりしたのでした。

本当は旦那に付き添って一緒にクリニックに行きたかったのですが、たくさんの妊婦さんがいるところでの感染は許されないので当然自粛。

本人的には「手術中は何ともなかったけど終わってから少しずつ痛くなってきた」と言ってました。

 

あ、結果ですが、無事に12匹回収されました。

とりあえず良い結果で一安心。

 

次は私の採卵と、採卵できたら顕微授精→培養→胚移植(子宮に戻す)とまだまだハードルがあります。

 

さて、採卵できるかなー。

最近また無月経排卵っぽい周期が続いてるのでとても不安です。

 

【旅行】重慶・成都に行ってきました。その2

2018.11の旅行の記録です。

その1のつづきです。

 

f:id:issyokunyukon:20190122212016j:image

日も暮れて来たので、次の目的地へ歩いて向かいます。


f:id:issyokunyukon:20190122211959j:image

このオレンジ色の金柑みたいなお菓子?を路上で売ってる人がたくさんいました。

なんだろう。


f:id:issyokunyukon:20190122212006j:image

街中は開発が進んでいます。

昔ながらの家はどんどん取り壊されてるみたい。

 

f:id:issyokunyukon:20190122212150j:image

三輪の車が走ってました。

ボロが多かった気がする。一般人用ではなさそうだけど…。

 

f:id:issyokunyukon:20190122212309j:image

そうそう、どこもかしこも路上にたくさん荷物がありました。

閉店したお店の前に同じ柄の段ボールがたくさん積まれているので、おそらく納品物かと思われます。

こんなの簡単に窃盗されちゃうんじゃないの?

こういうところは信頼で成り立ってるのか?

わからん。

 

20分ほど歩いたら、お目当の長江(揚子江)ロープウェイに到着。

 

f:id:issyokunyukon:20190120120617j:image

滞在5時間程度の重慶で唯一行こうと決めていたスポットです。

このロープウェイは、長江にかかる橋が一本しかなかった時代に大河を渡る市民の交通手段として作られたそうです。

現在は橋も増え、地下鉄もできて、ロープウェイは観光客が楽しむものになったとのこと。

乗車5分足らずですが、とっても眺めが良いそうです。

 

窓口でチケットを買って、いざ乗り場に行こうと思ったら、係員のおじさんからストップが。

私のチケットを見て、まだ入れない的なことを言ってきます。

f:id:issyokunyukon:20190122213232j:image

この掲示板にチケット番号が表示されたら入場可とのこと。

私のチケットは1時間後じゃないと並べないってよ…oh..

 

1時間ただ待ってるのももったいないので、もう少し街中を散策してみよう。

 

予定してなかった洪崖洞ホンヤートン中国・重慶にあるきらびやかな夜景が美しいエリア『洪崖洞』 | きっかけは、絶景から。 wondertrip[ワンダートリップ]に行きました。

 

f:id:issyokunyukon:20190120120847j:image

洪崖洞から見える対岸の夜景です。

すごい電飾。

このスケール感は日本では見られないなぁ。


f:id:issyokunyukon:20190120120121j:image

洪崖洞は重慶の古い建築様式を再現して作られた商業施設で、観光客向けの飲食店やホテルが入っています。


f:id:issyokunyukon:20190120120053j:image

中はたくさんの人です。

ちょっと混んでるアウトレットみたいな感じ。

 

f:id:issyokunyukon:20190120120043j:image

とりあえずぶらぶらしてたらあっという間に30分くらいたってたので、ロープウェイ乗り場へ戻りました。

 

自分のチケットの番号が掲示板に表示されてたので、係のおじさんにドヤ顔しながら入場。
f:id:issyokunyukon:20190120120732j:image

ロープウェイ乗り場へ行くエレベーターを待つ行列です。

 

事前に、「ロープウェイで景色を見るなら一番最初か一番最後に乗ること!」と予習してたのに、ポジション取りがうまくいかず、押せ押せの現地人に負け、空いた真ん中(高所恐怖症の人が乗るところ)にポツンと取り残されてしまった。


f:id:issyokunyukon:20190120120622j:image

なんとか頑張って撮ったのがこれ。

えー…なんだかよくわからない景色。

 

対岸についてからゆっくり撮影しました。f:id:issyokunyukon:20190120120627j:image

さっきまでいたところもやっぱり電飾がすごいや。


f:id:issyokunyukon:20190120120107j:image

日本で同じ電飾してもイマイチかもしれないなぁ。

なんでだろう。空も河も広いからかな。


f:id:issyokunyukon:20190120120111j:image

後続のロープウェイがきました。

あんな光ってたのか…マリオのはてなボックスみたい。

 

ロープウェイは行きのチケットしか購入しなかったので、帰りは歩いて戻り、地下鉄に乗って高速鉄道の駅に向かいます。


f:id:issyokunyukon:20190120120056j:image

ちなみにこれは復路のロープウェイ待ち。

これ待ってたらいつ戻れるかわかんなかったなぁ…


f:id:issyokunyukon:20190120120104j:image

ロープウェイ乗り場からくるっと後ろを向くと、こんな古びた団地がありました。


f:id:issyokunyukon:20190120120058j:image

あんなに電飾びかびかーなのに、生活の部分にはあんまり街灯がないのね。

足元が見えなくて危ないよ。

 

近くの地下鉄の駅から電車に乗って、さくっと重慶北駅に到着。


f:id:issyokunyukon:20190120120129j:image

そうそう、中国は高速鉄道も地下鉄も、入場前に必ず荷物チェックがありました。

持ってる荷物は全部機械を通して、ペットボトルは別にチェックです。

この写真はチェック後にエレベーターから検査場を撮ったところ。


f:id:issyokunyukon:20190120120049j:image

駅も大きい…!空港みたいな駅だなぁ。

空間の使い方が東京とは違いますね、天井がとても高い。


f:id:issyokunyukon:20190120120624j:image

この和階号さんが成都まで連れてってくれます。


f:id:issyokunyukon:20190120120039j:image

夕飯を食べていなかったので、閉店間際の駅ナカのスタバでサンドイッチをテイクアウトしました。

このスタバ、現金が使えなくて焦った!

この旅行のために作っておいた銀聯カードが活躍しました。

さすが急速にキャッシュレス化がすすんでいる中国、おそるべし。

 

その3へつづく

issyokunyukon.hatenablog.com

【旅行】重慶・成都に行ってきました。その1

2018.11の旅行の記録です。

 

昨年の11月に中国四川の重慶成都に行ってきました。

 

台湾と香港は何度か行ってますが、大陸の中華人民共和国は初めてです。

はじめての中国で何故四川なのか。

 

それはね、これです。

 

f:id:issyokunyukon:20190120140044j:image

ネットで見かけた子パンダたちの天日干し。

 

こんな可愛い光景がこの世にあるのかあばばばばばばばば

 

これは

 

こいつらは

 

見に行きたい!!!!!

 

と速攻で沸騰してしまったので、興味がありそうなフットワークの軽い友人たちを誘って計画したのでした。

(興味ない人には「上野でいいじゃん」と散々言われましたが、違うのよ。あの過保護に育てられた極少数精鋭じゃなくて、うじゃうじゃってたくさんいるのを見に行きたいのよ。)

 

パンダは四川省成都の大熊猫繁育研究基地という研究基地にいます。

 

Wikipedia成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

 

まずは航空券を調べねば。

東京から成都までの直行便はあるけど、どれも出発時間が遅くて微妙だなぁ…

うーん、どうしたもんかな。

どこかでトランジットで行った方が時間もお金もしっくりくるかなーといろいろ調べてたら、最近の中国は高速鉄道がものすごい勢いで延伸されていて、国内の陸路移動も有りらしい。

で、成都だと重慶から鉄道移動をしてる人の情報がネットでちらほら出てきたのです。

重慶から成都まではだいたい2時間くらいで着くとのこと。東京-新大阪くらいかな。

東京から重慶まではLCCで朝からいけるし、これはちょうどいいかも。

というわけで、往路は成田→重慶成都で移動することになりました。

 

それと、四川といったらアレも。

 


f:id:issyokunyukon:20190120221742j:image

f:id:issyokunyukon:20190120221749j:image

f:id:issyokunyukon:20190120221753j:image

 

真っ赤な食事の四川料理

もともと辛いものが得意でなかったため、旅行までの半年間、麻辣料理を月一程度食べて本場の食事に備えるという特訓もしておりました。

 

旅行メンバーは4人。

そのうち2人(夫婦)は初日の夜中に成都集合となっていたので、成田から重慶までは私ともう1人で向かうことに。

 

…なっていたのですが、成田から一緒に行く予定だった人が体調不良でまさかの当日リタイア。

(成田まできてくれたけど歩くのもやっとな感じで、チェックイン目前でしたが帰宅されました。

 

というわけで、初めての中国大陸へは一人で出発となったのでした。

 

成田から5時間ほどで重慶国際空港に到着。

 

f:id:issyokunyukon:20190120114027j:image

空港、でかい。

人はいないのに建物が大きくて広い。


f:id:issyokunyukon:20190120114020j:image

中国はスケールが大きくて驚く的なことは知ってましたがほんとですわ。

 

とりあえず両替!

到着場所の両替所は人がいなかったので、他にないか探すも地図みても分からず。

で、空港スタッフっぽいお姉さんAに聞いてみたら、、、まさかの、英語が通じない。

エクスキューズみーと声かけた時点で、

はぁ?って顔をされてしまって…この時点ではまだドライなお姉さんだなという印象。

 

あいうぉんっとぅーエクスチェぃンジマネイ。

 

…全く反応しない。

チャイ語で返してくる。

 

マネイエクスチェンジwhere?

 

??

 

え、全然理解していないっぽい…

嘘だろ?国際空港のスタッフなのに…?

そこに同じ制服を着たお姉さんBが通りがかり、A姉さんが中国語で呼び止めて私の相手をバトンタッチ。

B姉さんもかなりたどたどしい英語(単語)でしたがジェスチャー混じりで何とか説明してくれて、ようやく4Fに両替の場所があることがわかりました。

 

…なん、だと…?

こんなに英語通じないのか…。

 

両替後、とりあえず腹ごしらえで入ったお店も言葉が通じず。

エスもノーも、通じてんだか通じてないんだか、分かる反応が返ってこない…それどころか、全部チャイ語で捲し立てられるし…

この先が不安である。


f:id:issyokunyukon:20190120114030j:image

なんとかかんとか発音の予習をしておいた担々麺タンタンミェンをオーダーして着席。

ちなみにこれめっちゃ辛かったです。

本場の麻辣おそるべし。

 

食べ終えたらさっそく移動。

移動は地下鉄です。
f:id:issyokunyukon:20190120114034j:image

これが最新版の路線図(未開通含む)

重慶成都も、すごい勢いで地下鉄が新設されていて、最新のガイドブックの交通案内はあんまりあてになりません。

一年前のガイドブックで3〜4線しかなかったのに、今は10線近く利用可能です。

 

券売機はこんな感じ。

f:id:issyokunyukon:20190120141210j:image

画面に路線図が出るので、行きたい駅をポチると料金が表示されます。

これわかりやすいなぁ。日本もこれにしてほしい。


f:id:issyokunyukon:20190120141213j:image

切符ではなくこんなカードが出てくるので、これを改札にかざして入場です。

このカードは1回使い切りのもの。

 

電車の中は日本とあまり変わらず。


f:id:issyokunyukon:20190120114108j:image

f:id:issyokunyukon:20190120114105j:image

設備はみんな新しいです。

 

いったん重慶北駅で降りて、ネットで事前に予約していた成都行きの切符を受け取りにチケット売り場へ。

窓口も全く英語が通じませんでしたが、ネットの予約画面見せたらさくさく発券してくれました。

(ちなみにこの時タクシーの客引きに連れていかれそうになったのですが、チャイ語で何言ってるか全く分からず、5分くらい日本語で応戦してたら苦笑いしながら帰って行きました。)

 

さらに地下鉄で移動して、観光スポットの解放碑へ向かいました。

街並みはこんな感じです。

f:id:issyokunyukon:20190122121937j:image

道路が広くて、建物は新旧混在な感じ?

整備されてるところとこれから手をつけるところと、混ぜこぜな印象です。

 

しばらく散策がてら歩いて、解放碑に到着。

解放碑とは、抗日戦争勝利記念碑として建てられ、今は人民解放記念碑に名前を変えたそうです。


f:id:issyokunyukon:20190120114405j:image

周りの建物が大きすぎてなんかポツンとしている…(真ん中のが解放碑)

解放碑の周辺は商業圏の繁華街になっていて、日本でいうと銀座?のような感じらしいです。


f:id:issyokunyukon:20190120114351j:image

歩行者天国で、ワンちゃんもたくさん散歩してました。

 

長くなったのでその2につづく

issyokunyukon.hatenablog.com

 

 

【旅行】香港に行ってきました。2018クリスマス編その3

その2のつづきです。

 

沙田から深水埗に移動しました。

 

f:id:issyokunyukon:20190113082455j:image

香港の秋葉原?らしいこちらは、たしかになんだか洗練されてない雑多な感じ。


f:id:issyokunyukon:20190113082459j:image

連れのお目当の雑貨屋さんに寄って、あとは街中をぶらぶら。


f:id:issyokunyukon:20190113082502j:image

地方都市にありそうなショッピングモールへ。

地元の生活が見えるところが大好き。

 

そろそろ夕暮れ。この日の本番に近づいて参りました。

図らずもクリスマスに香港に滞在してしまった我々は、お洒落なディナーもキラキラショッピングもせず、地味に淡々と香港を散策しておりましたが、夜はイルミネーションを見ようと決めておりました。

タダですしおすし。

 

香港の人はクリスマスになると用事もないのに街に出て歩き回るというネットの情報もあり、どんなもんかと気になったわけです。

 

イルミネーションの前に、夕飯を食べに佐敦へ。

ずっと行きたかったけど開店時間やらのタイミングが合わず見送りになっていたこちらのお店でいただきました。

f:id:issyokunyukon:20190116080601j:image

化学調味料を使わない丁寧な家庭料理が食べられるお店というふれこみでしたので、薄味&素材の味が好きな私は興味津々。

 

人気の自家製スープから、酢豚、炒め物、竹筒に入ったチャーハンなどをいただきました。

 


f:id:issyokunyukon:20190116080636j:image

f:id:issyokunyukon:20190116080628j:image

 


f:id:issyokunyukon:20190113082543j:image

f:id:issyokunyukon:20190113082540j:image

 

評判通り、美味しいですわ。

素材の味がしっかりしていて後味も悪くない。

特にスープはいろんな複雑な味が絡まってて濃厚な感じ。

酢豚は半分以上果物だったので苦手な人はやめておいた方がいいかもしれません。でも、揚げ豚はカリカリで美味しかった。

 

f:id:issyokunyukon:20190113082727j:image

食後に頼んでなかったデザートがきたので、頼んでないよーと言ったら、となりの人が「フリー」と教えてくれました。

豆乳に白いタピオカが入ってるような。

2人なのに欲張って食べ過ぎた…竹筒のチャーハンは1合くらいありました。

 

ぱっつんぱっつんに膨れたお腹を抱えて、シンフォニーオブライツが見える海沿いに歩いて向かいます。

 

海側に向かってだんだんと交通規制がかかり始めています。
f:id:issyokunyukon:20190113082714j:image

ここは片側の道路は通れますが、メイン通りは完全に歩行者天国になっていました。


f:id:issyokunyukon:20190113082718j:image

商業施設も公道も、街全体、ここら一体がイルミネーション。


f:id:issyokunyukon:20190113082742j:image

電気代どうなのよ。


f:id:issyokunyukon:20190113082706j:image

遊歩道からみる香港島の夜景。

お天気心配でしたが、夜は雨もなくあんまりガスってないので綺麗に見えます。


f:id:issyokunyukon:20190113082647j:image

眩しいくらいの電光掲示


f:id:issyokunyukon:20190113082637j:image

海沿いまでくると景色はこんな感じ。

ジャスト20時についたのでシンフォニーオブライツが始まりました。


f:id:issyokunyukon:20190113082644j:image

といっても、だいぶ遠いところから見てるので、音楽もなにも聞こえず、レーザービームくらいしか確認できず。


f:id:issyokunyukon:20190113082658j:image

人混みがすごいです。みんなたくさん写真を撮っています。


f:id:issyokunyukon:20190113082641j:image

カップルだけでなく、親子連れや友達グループ、ぼっちおじさんなとなど、いろんな人が楽しんでました。


f:id:issyokunyukon:20190113082739j:image

用もなく街に出るとは、なるほどこういうことか。

たしかにみんな夜景を見て、ひたすら海沿いを歩いています。

f:id:issyokunyukon:20190113082735j:image

ペニシュランホテルのイルミネーションが一番好き。


f:id:issyokunyukon:20190113082731j:image

海側も駅側もすごい人。


f:id:issyokunyukon:20190113082702j:image

ソールズベリーロードやその周辺の地下道は横断不可になっているため、駅に戻るにはシャングリラホテルの遊歩道か、1881ヘリテージの方にある信号までぐるっと回らないといけません。


f:id:issyokunyukon:20190113082747j:image

ぐるっと回ってようやく駅側に渡れました。

歩いてホテルまで戻ります。


f:id:issyokunyukon:20190113082654j:image
車もトナカイになってしまう香港のクリスマス。

貴重な経験でした。

なんとなく浮き足立つ気持ちはわかる気がします。

 

これで3回目の香港旅は終了です。

この後私は空港に向かい、未明のフライトに乗って帰国しました。

 

直近の香港旅行から書いてしまいましたが、ほんとはまだまだネタが溜まってるので少しずつ消化していきます…!

 

【旅行】香港に行ってきました。2018クリスマス編その2

2018.12の旅行の記録です。

その1のつづきです。

 

翌日もあいにくのお天気。

でも傘はなくてもなんとかなるかな?

 

ホテルは北角駅の近くの春映街のど真ん中でした。

春映街とは、市場の中をトラムが走る観光名所。

f:id:issyokunyukon:20190112093339j:image

ちょっと遠目ですが、朝からトラムが走ってました。

 


f:id:issyokunyukon:20190112093522j:image

f:id:issyokunyukon:20190112093526j:image



市場もにぎわい。


f:id:issyokunyukon:20190112093555j:image

f:id:issyokunyukon:20190112093559j:image



こういう生活感溢れてるのを見るのが好きです。

有名なエッグロールのお店もあったのですが、残念ながら11月で閉店してしまったようです。

 

さて、朝は7時に起きて早茶のお店に向かいます。

f:id:issyokunyukon:20190112093622j:image

トラムでゆるゆる上環に移動します。

今回の旅行はは、朝の飲茶を目的に来たと言っても過言ではないのです。(キリッ

 

お目当てのお店はこちら。
f:id:issyokunyukon:20190112093645j:image

年内で閉店することがニュースにもなった飲茶の老舗です。


f:id:issyokunyukon:20190112093708j:image

ガイドブックにも載ってるようなお店ですが、全く観光然としたところはなく。

お店に入っても席は案内されません。

相席は当然です。

自分で空いてる席を見つけて確保し、店員に声をかけてお茶を持ってきてもらうのです。

飲茶もオーダーではなく、店内を回るワゴンに自分で取りに行くタイプ。


f:id:issyokunyukon:20190112093734j:image

腸粉うまうま。

ほぼ満席なので、飲茶は争奪戦でした。

厨房からワゴンが出てきたらみんな一斉に群がる…ハイエナのようだ。

海外旅行をしてきて一番学んで習得したことと言えば、とにかく遠慮しても意味がない。自分の主張はガンガンしていこう。ということ。

このワゴンももじもじびくびくしてたら負けなんで、ガンガン行きましたよーしかし周りの猛者はもっと強かった…。

焼売と大根餅が食べたかったけどマケマシタ。

 

同じ席のおじさんたちは持ち込みの麺やらなんやらをシェアしながら、店員さんと談笑して楽しんでたので、おそらくかなりの常連さんであろう感じでした。

あーこのローカルな雰囲気、たまらん…。

 

お腹も膨れたのでお店を出て、上環〜セントラルをお散歩。
f:id:issyokunyukon:20190112093758j:image

あちこち壁に絵があります。
f:id:issyokunyukon:20190112093813j:image

おしゃんてぃ。

 

この日はマカオに日帰りで行こうとしていたのですが、天気もあれだし、フェリー代も安くないし、どうするどうする…とうだうだしてたら、もう考えるの面倒くさくなったのでマカオ行きは結局やめ。

のんびり香港を散策することにしました。

 

まだお店もあんまり開いてない時間帯に寄ったのは、警察宿舎を改装して作られたPMQというオシャレスポット。


f:id:issyokunyukon:20190112093844j:image

f:id:issyokunyukon:20190112093847j:image



アーティスティックでオシャレなテナントがたくさん入っているところです。

ガイドブックに、営業時間は7時〜と書いてあったから来たのに、空いてるのは敷地だけでそれぞれのテナントはお昼頃から開店のようでした。

ややこしいなぁもう。

でも人がいなくて静寂な感じが良かった。

 

少し歩いて、香港レトロなスタバで一服。


f:id:issyokunyukon:20190112093916j:image

f:id:issyokunyukon:20190112093912j:image



このお店はガイドブックでもよく紹介されているところです。

香港の昔ながらの喫茶店(冰室ビンサ)を模した内装が可愛いと人気のようで、となりのテーブルからは日本語も聞こえてきましたわ。

これが、インスタ映えか…!

 

ホテルのチェックアウトの時間が近づいてきたのでそろそろ戻らねば。

帰りはタイムズスクエアにちょろっとよって、ロビーのクリスマスイルミネーションを横目で楽しみました。
f:id:issyokunyukon:20190112093935j:image

巨大ツリーはお約束的な感じで、
f:id:issyokunyukon:20190112093956j:image

ツリーの隣はチョコレート工房になってました!

天井の飾りや人形はずーっと動いて、チョコレート作りをしてるのです。

すごい規模だわ。

 

ホテルに戻ってチェックアウト後、向かった先は沙田というちょっとローカルな駅。

旺角のホテルに荷物を置いてから向かったので、旺角東駅から水色のMTRに乗って向かいました。


沙田駅に着いたらお昼にまたもや飲茶。
f:id:issyokunyukon:20190112094010j:image

香港のあちこちにある人気店です。たしか台北にもあったような。

15分くらい待って入りました。
f:id:issyokunyukon:20190112094028j:image

この翠の野菜がとても美味しかった。

ただ茹でただけなので、素材が良いのでしょうね。

日本でも食べたい。
f:id:issyokunyukon:20190112094046j:image

海老餃子と小籠包。

女2人だと量があんまり食べられないから品数が限られるのがネックだわ…。

 

お腹いっぱいで向かった先は、萬佛寺というお寺。
f:id:issyokunyukon:20190112094114j:image

金色の羅漢像がたくさん並んでいることで有名です。
f:id:issyokunyukon:20190112094137j:image
f:id:issyokunyukon:20190112094134j:image

表情や仕草は一つも同じのがないとか。
f:id:issyokunyukon:20190112094201j:image

ゴムゴムの実食べちゃった人もいました。

 

登って登って、ひたすら登った先には本堂があります。

ノーフォトでしたので写真はありません。

 

観光客はちらほらいる程度で、全く混んでいませんでした。

登りきった景色は良いのでまぁまぁおすすめです。

でも、このお寺以外はなーんにもないですのであしからず。


帰りは裏道をひたすら降りて駅に戻りました。
f:id:issyokunyukon:20190112094226j:image

裏道から降りるとどローカルな道を進んでいくことになります。

こっちであってるのか不安になったけど、ちょこちょこ「カメラ監視中」みたいな札があったので、観光客が敷地に入ったりしちゃうんでしょうねぇ…。

日本でも鎌倉とかで問題になってるアレ的な。

 

夕方になり、これから香港のクリスマスが始まります。

 

その3につづく。

 

issyokunyukon.hatenablog.com

 

 

はじめての香港旅行記はこちら